家電エンジニアの家電豆知識

家電エンジニアYonJの家電の豆知識

縦型洗濯機への買い替えの際に知っておくべきこと

 前回の記事 「縦型の洗濯機とドラム式の洗濯機、どっちがいいの?

www.kadeneng.com

 を読んで次は縦型の洗濯機にしようと思った方もいるかもしれないので、縦型の洗濯機を選ぶ際に最低限知っておいた方が良いことをあれこれ書いておこうと思います。

 

 昼間しか洗濯機を回さなかったりで、洗濯機の音が大きくても問題ない方は低価格なベルト式の洗濯機

 深夜など音が気になる時間帯に洗濯機を回すなど少々購入費用が高くても静かさが必要ならDD(ダイレクトドライブ)モーターの洗濯機

 購入費用を抑えておけば故障して修理代が高額になったときに買い替えの決断がしやすいですよね。音が全然気にならない方は無理して高い商品を買う必要はないです。

 音が違うってどう違うのかというと、洗濯や濯ぎの際、モーターの回転が伝わってパルセーターが回転し貯っている水が動くことで鳴る「バシャッバシャッ」という水流の音はどちらも変わりません。変わるのはモーターの音。ベルト式の洗濯機は大きな唸り音がなりますが、DDモーターの洗濯機はその音がかなり小さいです。ベルト式からDDモーターに、DDモーターからベルト式に変えたら驚くと思います。

 しっかりした乾燥が必要なら別で乾燥機を買うかドラム式を

 縦型の洗濯機の乾燥機能ですが、脱水時間を伸ばすだけだったり冷風を当てるだけのおまけ程度のものもあるので注意が必要です。それなりの乾燥を求める場合はヒーターで温める乾燥が付いているか確認しましょう。ただ、縦型の洗濯機の乾燥は乾燥機やドラム式と違って少しですがムラができてしまいます。しっかりした乾燥が必要なら乾燥機かドラム式をおすすめします。

 自分にあった洗濯容量を

 Panasonic我が家の適性容量は?のページがわかりやすいです。洗濯機の容量に対して、洗濯物の量が少なすぎる場合、偏り検知が発生しやすくなり、機械の消耗も早めてしまうので無理して大きいサイズの洗濯機を買う必要はありません。逆に、洗濯物が大きのに容量が小さい洗濯機を選んでしまうと、洗濯回数が増えるため、手間が増えるだけでなく機械の消耗も早くなります。自分の生活環境にあった洗濯機を選ぶようにしましょう。

 洗濯機のタイプと容量が決まったら、脱水槽の材質、運転の設定がどこまで細かくできるのか、風呂水ポンプのあるなし、洗剤や柔軟剤投入の方式などを比較して決めていきましょう。

 ちなみに、ステンレス層はプラスチック槽に比べると洗剤の溶け残りやカビが残りが少ないです。低価格のタイプでよく見かけるのですが、洗い時間、濯ぎ回数、脱水時間の設定ができない機種や柔軟剤の投入機構が本体内部にありお手入れができないため、年数が経つと詰まってしまうものもあります。

 自分がどこまでの機能が必要なのかしっかり見極めて、自分にあった洗濯機を選ぶようにしましょう。