家電エンジニアの家電豆知識

家電エンジニアYonJの家電の豆知識

縦型の洗濯機とドラム式の洗濯機、どっちがいいの?

 お客様からほんとうに良く聞かれる質問なのですが、縦型の洗濯機にもいろいろありますし、縦型、ドラム式、それぞれメリット・デメリットがあるのでまずはその辺をしっかり把握して、どれが自分の使い方に合っているのかしっかり考える必要があります。

 

乾燥機能が必要ないなら縦型洗濯機一択

ドラム式の洗濯機はドラムに少しだけ水をはり、水面に衣類を叩きつけることで汚れを落としています。縦型の洗濯機に比べて水道代が安くなるのはこのためです。

 そこだけ聞くと「水道代が安くなるんだったらドラム式で良いじゃん」と思うかもしれませんが、縦型とドラム式の洗濯機とでは購入価格に大きな違いがあるため、水道代の節約だけを理由にドラム式を購入するのはおすすめできません。

 乾燥を使用しないで洗濯のみのコースで使用する場合、タオルなどがわかりやすいですが、柔軟剤を入れてもゴワゴワして仕上がりが悪くなってしまいます。これは衣類を水面に叩きつけられることで衣類の生地が寝てしまうためで、ドラム式は乾燥の風で寝た生地を起き上がらせています。

 

ぼちぼちの乾燥で良いなら乾燥機能付きの縦型でも良いかも

 乾燥機能が必要な場合はドラム式一択なのかというと、個人的にはそうでもないように思います。毎日は使わない、最後に外で干すのでぼちぼちの乾燥で大丈夫、と言う方は乾燥機能付きの縦型も検討しても良いと思います。

 縦型の乾燥機能はドラム式と違って少しムラが出てしまいます。これは縦型がドラム式のように衣類をあげて落としてという作業ができず、同じ箇所に張り付いたまま風を当てるためです。価格差とその方が求める感想の仕上がり具合と天秤にかけて決めると良いと思います。

 

・高額でも洗濯に使う時間を少しでも減らしたいならドラム式

・乾燥が必要でも1日複数回洗濯するなら縦型+乾燥機もあり

 ドラム式洗濯機の良いところは乾燥まで放ったらかしできるところです。一人暮らしや夫婦共働きで家事の負担を減らしたい、子どもが生まれたばかりで手が離せないといった方にとっては大きな価値があると思います。ですが、例えば、子どもがたくさんいて洗濯物の量がとにかく多いといった方の場合は、縦型+乾燥機の方が使い勝手が良くなることもあります。

 縦型の洗濯機に乾燥機を積む場合の利点は、乾燥を回している間に次の衣類の洗濯ができるところです。1日に複数回洗濯する場合はこの方がうまく回転する場合もあるのではないでしょうか。故障した時に乾燥機だけ、洗濯機だけ買い替えできるのもメリットもあります。またドラム式は構造が複雑な分、故障するリスクが高くなりがちで、故障の際の修理費用も高額になりがちであることも知っておいた方が良いと思います。(長期保証の加入はマストです!)

 例えば、主流になってきたヒートポンプタイプのヒートポンプユニット(メーカー保証は3年)の修理はメーカーによって差はあるとは思いますが5万円〜7万円くらいでしょうか。お見積もりをするとほとんどの方が買い替えや修理せずに乾燥なしでを使用することを選択します。

 いろいろ書きましたがドラム式にするかどうかは高いお金を出して購入するだけの価値を感じられるかどうかですね。ドラム式が向いている方にとっては本当に便利な機械だと思いますよ。参考になれば嬉しいです。