家電エンジニアの家電豆知識

家電エンジニアYonJの家電の豆知識

家電のタッチパネル ぶっちゃけどうなの

冷蔵庫、洗濯機、オーブンレンジとタッチパネルで操作する商品が人気ですね。


冷蔵庫だと表面は平らでボタンの凸凹がほとんど無くて、手を近づけるとタッチ操作する表示が点灯したり、洗濯機は電源の入切のスイッチ


とにかく見た目がかっこいいので私も惹かれるのですが、ぶっちゃけまだまだ故障が多いのでは?という印象です。そして、メーカーの保証期間が過ぎて有償修理になった際の修理金額が高くなることが多いように思います。


タッチパネルの中には、静電気を検知するフィルムと基盤が入っているですが、基盤や液晶部分とフィルムが一体の部品になっていてセットで交換しないといけないものもあれば、基盤、液晶、フィルムとそれぞれ単体で交換できるものもあって、どこが故障しているのか、セットで交換しないといけないのかで金額が変わってきます。(単体で交換できても壊れ方次第ではセットで交換することもあります)


修理費用はピンキリで、メーカーや機種にもよりますが、オーブンレンジでタッチパネルが反応しなくなり、修理費用が4万円を超えて3年もたずに買い替えたお客様もいました。


すごくかっこいいし、「あんな機能いらないと」は全然思わないのですが、故障のリスクは上がると思っておいた方が良いです。見た目にどこまでこだわるのか人それぞれですよね。でも、見た目のかっこよさを選ぶなら、もしものために販売店の長期保証には加入をおすすめします。